【5月からでもOK】楽天証券でつみたてNISAの非課税枠40万円をキッチリ使い切る方法

お金

どもっ。

2022年3月12日は、楽天証券のつみたてNISAでの、2022年4月分のクレカ決済申込締め切り日でした。

このような積立設定シミュレーションのもと、 毎月33,250円の積立設定になっています。

なぜこのような設定にしているのか、詳しくは以前のブログをご覧ください。

パパちゃん
パパちゃん

せっかくつみたてNISAをするなら、非課税枠40万キッチリ使い切りたくないですか?

年の途中からでも、つみたてNISAの非課税枠40万円をキッチリ使い切れます。

方法としては、月々の積立額の調整と増額設定により対応ができます。

増額設定についてはこちらの記事を参考にしてください。

こんな人にオススメ
  • 1~4月分の積立設定ができてないけど、40万キッチリ使い切りたい
  • 1~4月分は33,333円の積立設定にしたけど、40万キッチリ使い切りたい
  • 5月からつみたてNISAを始めたけど、40万キッチリ使い切りたい

といった方はぜひ見ていってください。

今回は、

  • 1~4月分の積立設定を行なっていない場合
  • 1~11月分の積立設定を33,333円に設定予定の場合

に分けて解説したいと思います。

投資初心者に向けての、投資の始め方についてもまとめていますので是非ご覧ください。

1~4月分の積立設定を行なっていない場合

今回も、できる限り楽天カードクレジット決済を使った方法で紹介していきます。

1~4月の積立設定が0円ということは、非課税枠40万円がフルで残っています。

なので残り8ヶ月で40万円を使い切るための、積立設定シミュレーションはこのようになります。

つみたてNISAの月の積立上限は33,333円なので、5月からの積立設定を33,333円に設定します。

33,333円×8か月=266,664円となり、積立予定金額が、266,664円/400,000円となるはずです。

差額の133,336円を5月から12月まで一定金額増額していくので、133,336円÷8か月=16,667円を増額設定します。

よって、(33,333円×8か月)+(16,667円×8か月)=400,000円となるので、400,000円/400,000円と、5月からでもキッチリつみたてNISA枠を使い切ることができます。

1~11月分の積立設定を33,333円に設定予定の場合

1~12月の積立設定が33,333円ということは、非課税枠が4円残ってしまいます。

なので、残りの1ヶ月で40万円を使い切るための、積立設定シミュレーションはこのようになります。

1~11月までの積立金額は33,333円に設定します。

そして、11月12日までに、積立金額を33,233円に減額します。

すると、積立予定金額が、399,896円/400,000円となるはずです。

差額の104円を12月分に増額設定します。

よって、(33,333円×11か月)+(33,233円+104円)=400,000円となるので、400,000円/400,000円と、キッチリつみたてNISA枠を使い切ることができます。

おわり

今回は、

  • 1~4月分の積立設定を行なっていない場合
  • 1~11月分の積立設定を33,333円に設定予定の場合

それぞれの方へ、つみたてNISAの非課税枠40万円を使い切るための、積立設定シミュレーションを紹介しました。

かなりシンプルな内容になりましたが、この記事が少しでも積立設定の参考になれば嬉しいです。

ではまた。

~関連記事も随時更新~

コメント

タイトルとURLをコピーしました